トイレの水漏れの原因追及の手順

トイレ 水漏れが起きるというのは、決していいことではありません。早急に対処するためには専門業者に依頼するという方法もありますが、一体どこから漏れてきているのか、その確認作業は必要になってきます。電気などの問題も考えなければいけないのですから、トイレ 水漏れの修理は簡単なものではありません。

■水を止めるところから

水漏れが起こったときに、大切なのは水を止めて、被害を最小限に抑えることです。給水側から漏れてきているようなときには、必ずある止水栓を閉めることで対応ができるでしょう、まれに止水栓自体から漏れてくることもあるため、その場合には元栓を閉めることになります。元栓は水道メーターに対して取り付けられているため、これを閉めてしまえば全体の水を止められます。この時点で修理の依頼を出せば、被害を食い止めることができます。



■電気が使われていることもある

トイレ 水漏れの原因の特定が重要になってきますが、最近では温水洗浄便座が取り付けられているところも多くあります。温水洗浄便座には電気が必要です。
水漏れが起きている時にも、電気を使用したままの状態になっていると非常に危険性が高まっていくため、まずはコンセントから引き抜く必要があります。状況によってはブレーカーを落として電源を落とすことも必要です。



■まとめ
トイレ 水漏れは、手順を守って対応していくことが必要になってきます。原因を追究するためにも、水を止め、電気を止めてから調べていかなければ安全を確保することができません。被害を拡大させないためにも、非常事態になった時にはどんなことをすればいいのか、普段から考えておくことが大切です。特に止水栓などは、簡単に閉めることができるかどうか、一度試してみるといいでしょう。体験しておけば、いざというときにも焦ることがなく対処することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ